Entry: main  << >>
2017春季玄岳スロープ大会 5月21日(日)

天候:晴れ 西の風1〜4m

 

 広く高気圧に覆われ上里では30℃以上が予想されていますが、本日は上里から市川さん、大塚さん、遠藤さん、加藤さん、中村さん、西宮さん、水澤さんと私の8名で涼しい玄岳の大会に参加しました。西宮さんは今回から導入されたラップカウンターの製作者で動作確認も兼ねて初参加です。風は2〜3mの西風が吹いています。
 自由飛行が許可されており、早速機体を組んでテストフライトされている方もいます。KRGCの薬院さんによりA,B面の設置が終わり、受付の後、競技委員長の市村さんから競技説明、開会式と済み、9:30からオープンクラス、ラダークラス、ミニクラス、スケールクラスの順で競技が開始されました。風は2〜3mでリフトが弱く、競技が進むにつれて益々弱くなっていきオープンクラスの残り数人というときには2mを切るくらいになり完走できない機体がでるようになり競技が一時中断され、競技委員長から早めの昼食をとり11:30に再開することとなりました。
 昼食タイムの後は若干ですが風速が上がり、1ラウンドのオープンクラスの残り、ラダークラス、ミニクラス、スケールクラスと順調に競技が進み、休憩なしで第2ラウンドがクラスの順は同じで発航順は逆で開始されました。市村競技委員長はオープンクラスの前半は条件が良くなかったので3ラウンドを行いたいと頑張られましたが第2ラウンド終了が4時近くになり、競技の終了が宣言されました。
 今回から導入されたラップカウンターですがF3F競技に合わせスタートの合図で動作させると30秒以内に発航、手投げから30秒以内にコースイン(それまでは30秒の読み上げ)でタイム計測開始、遅れた場合は30秒時点でタイム計測開始、1ラップごとにラップ数とラップタイムの表示、ラスト1往復時(全10ラップの時は8ラップ終了時、全8ラップの時は6ラップ終了時)に音でお知らせ、成績表示をしてくれ、役員はストップウォッチから解放されるという優れものです。

 

    成績表.pdf

 

ヽ始前の集合写真 ▲薀奪廛ウンター

開始前の集合写真ラップカウンター

3会式・競技説明中 ざサ三儖長と委員の奥様

競技説明中競技委員長と奥様

ゾ緡MGCのピット 西側スロープ駐機場

上里のピット西側斜面駐機場

Дープンクラス入賞者(優勝の鈴木選手(中央)、2位宮川(左)、3位大塚選手)
┘潺(2m)クラス入賞者(優勝の鈴木選手(中央)、2位宮川(左)、3位水澤選手)
オープンクラスミニ(2m)クラス

スケールクラス入賞者(優勝の石井選手(中央)、2位豊山選手(左)、3位市村選手)
ラダークラス入賞者(優勝の田野倉選手(中央)、2位山本選手は帰宅の為不在、3位宮川(右))

スケールクラスラダークラス

以 上

| f3bfun | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Recommend

鳥の飛翔
鳥の飛翔 (JUGEMレビュー »)
オットー リリエンタール, Otto Lilienthal, 田中 豊助, 原田 幾馬

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode