Entry: main  << >>
古川喜平メモリアル 第39回全日本東京サーマルソアリング大会 5月29日(日)

天候:快晴のち曇り 気温:26℃ 東の風1〜5m

 上里模型グライダー場で件名の古川喜平メモリアル第39回全日本東京サーマルソアリング大会が開催されました。ホストクラブはステッペンボルフ、競技委員長は道山さんです。8:00からウインチの設置、8:30受付後、競技説明、9:30から競技がエルロンクラス、ラダークラス、2mクラスの順で開始されました。2ラウンドの合計点で同点の場合は素点の高い方が上位となり、クラスに関係なく合計点の高いもの8名によりフライオフが行われることになっています。
 天気は良いのですが、グループによっては大シンクに苦労する場面も少なからずみられました。12:15までに1ラウンドが終了し、昼食タイムを挟み13:15から2ラウンドが開始されましたが、風も強くなり風下に流すと軽量機では戻ってこられない場合もありました。バタバタしながらも15:30に2ラウンドが終了して、成績の集計が行われ、上位8名(エルロンクラス1位の吉田選手(2000点)、2位の新井選手(2000点)、3位の小川選手(2000点)、ラダークラス1位の大高選手(2000点)、2mクラス1位の桜井選手(2000点)、エルロンクラス4位の濱田選手(1999点)、5位の辻選手(1994点)、ラダークラス3位の小野寺選手(1988点))による15分MAXのフライオフが行われ、14分23秒、76僂梅静珍手が制しました。
 その後、表彰式、抽選会、九州熊本地震義援金の呼びかけ、記念撮影で17:00終了となりました。

成績表.pdf

ヽ始前の集合写真


▲繊璽猝沈イ離團奪


フライオフを制した濱田選手、
ぅ┘襯蹈鵐ラス入賞者(優勝の吉田選手(中央)、2位の新井選手(左)、3位の小川選手)
フライオフを制した濱田選手エルロンクラス入賞者(吉田選手(中央)、2位の新井選手(左)、3位の小川選手

ゥ薀澄璽ラス入賞者(優勝の大高選手(中央)、2位の吉田選手(左)、3位の小野寺選手)
Γ横蹈ラス入賞者(優勝の桜井選手(中央)、2位の岩淵選手(左)、3位の莅戸選手)
ラダークラス入賞者(優勝の大高選手(中央)、2位の吉田選手(左)、3位の小野寺選手2m

以上

| f3bfun | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Recommend

鳥の飛翔
鳥の飛翔 (JUGEMレビュー »)
オットー リリエンタール, Otto Lilienthal, 田中 豊助, 原田 幾馬

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode