Entry: main  << >>
2015 F3B上里カップ第2戦  11月25日(水)

天候:晴れ 気温:16℃ 西の風1m〜3m

今年最後の上里グライダー場での大会の「2015 F3B上里カップ第2戦」が開催されました。
初出場は清瀬さん一人、遠方からは北は仙台から遠藤忠悦さんがお一人で、西も転勤で大阪に戻られた浅野さんがお一人で参加してくださいました。3人は上里チームに加わり、上里チームは18名4チーム体制です。それにステッペン5名、湘南4名の27名でした。
集合写真
久しぶりの西向きのウインチ、コースです。西向きの方が季節がら空気が乾燥しているためかタスクCでの好記録が期待されます。
8時前からウインチの設置、8:30から受付、開会式、競技説明、集合写真撮影と続き、9:10から第1ラウンドタスクA競技が開始されました。役員は当クラブの伊藤さん、小田さん、木村さん、莅戸さんの4氏にお願いしました。10:30タスクAの5グループが終了し、休憩をはさんで10:45からタスクCが始まりました。今回は西宮さん製作のタスクC計測装置がデビューし、1~2回の操作ミスがありましたが良く働いていました。発航から1分までの計測、A面通過から計測開始フィニッシュでタイムも表示するという優れもので、逆侵入にも対応できるそうです。11:35に終了、1000点は吉田正秀選手の15.34秒でした。
昼食を挟んで12:30から2ラウンド、タスクCから始まりました。13:20に終了、1000点は大塚選手の本日最高の14.51秒でした。
休憩をはさんでタスクAが13:40から始まり、15:00予定の2ラウンドが全て終了しました。
表彰式の準備をする間に成績上位の4名によるスピードノックアウトが行われました。1位の大塚選手と4位の濱田選手、2位の青木選手と3位の大高選手の組合せで準決勝、それを勝ち抜いた大塚選手と青木選手の決勝となり青木選手がチャンピオンとなりました。風が若干背風気味となり条件は良くありませんでしたが、接戦が繰り広げられました。
 役員をしてくださった木村さんのHPのレポートもご覧ください

2015 F3B上里カップ第2戦 結果.pdf

2015 F3B上里カップ 総合成績.pdf


‖2戦優勝の大塚選手、2位の青木選手、3位の大高選手 ▲好圈璽疋ングの青木選手
第2戦入賞者(優勝の大塚選手、2位青木選手、3位大高選手) スピードノックアウト・チャンピオンの青木選手

2015 F3B上里カップ 年間総合優勝の吉田正秀選手、2位の鈴木選手、3位大塚選手
年間綜合優勝の吉田正秀選手、2位鈴木選手、3位大塚選手
 

| f3bfun | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

Recommend

鳥の飛翔
鳥の飛翔 (JUGEMレビュー »)
オットー リリエンタール, Otto Lilienthal, 田中 豊助, 原田 幾馬

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode