Entry: main  << >>
第1回北関東F3B大会 10月9日(日)
 天候:曇りのち晴れ 北の風2m→南の風3m 気温:24℃

 グライダー競技会場の増加、確保の観点から上里カップを栃木県小山市の絹滑空場(実機)で行うこととしました。この滑空場は飛行場長の菊池さんは絹滑空場が模型を含めて活用されることを望んでおられ、小太刀さん、五百部さんのグループが既にHLG大会を開催しており、F3B大会でも使用が可能かを検討するため今回の会となりました。
 大会は7時頃から準備を始め、8時受け付け、世話役の小太刀さんから挨拶、私から競技の進行について説明の後、9時から競技が1RのタスクAから開始されました。予定は3ラウンドで1A、1C、2C、2A、3A、3Cの順です。参加者は25名で鳴瀬からも赤間さん、桜井さん、黒木さん、岩淵さん4名が参加してくれました。専任のジャッジは地元の小太刀さん、越山さん、木曽さんと上里の池さんにお願いしました。
 午前中は北寄りの風でしたが次第に東寄りとなり1ラウンド終了時点で南からも吹くようになり、11時30分から昼休みとなりました。昼休み中に各チーム代表者が集まり、運営や今後のことについて話し合いが持たれました。この間に南向きにウインチの張替が行われました。
 13時から2ラウンド目が開始され、15時から3ラウンド目が開始され、タスクAが終了した16時で競技打ち切りとなりました。今回は初めての会場のせいかタスクAの波乱あったこととスピードタスクの大塚選手、鈴木選手の活躍が目立った大会でした。優勝は世界戦帰りの小洞選手(師匠)を抜いてダントツの成績で鈴木選手、3位は加須FCの岩楯選手でした。
 今回の会場ではほぼ中央にウインチレーン、A面を設置しました。個人的な意見ですが北側は若干幅が狭く滑空場外の立木が気になりましたが、南側は幅もそこそこあり、タスクBでも問題はなさそうでした。また、会場の川側と土手上には道があり、通行される方もそこそこいらっしゃるので、その対応が必要だと思いました。

成績表.pdf

―弦膽命拭 ´入賞者(左から2位の小洞選手、優勝の鈴木選手、3位の岩楯選手)
競技前の集合写真入賞者(優勝の鈴木選手(中央)、2位の小洞選手(左)、3位の岩楯選手)


 
| f3bfun | 22:50 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
大会運営お疲れ様でした。
それと細やかな気遣いをして頂き
感謝しています。
これに懲りずにまたお邪魔しますので宜しくお願いします。
本当にありがとうございました。
Posted by: 岩渕 |at: 2011/10/10 8:46 PM








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Recommend

鳥の飛翔
鳥の飛翔 (JUGEMレビュー »)
オットー リリエンタール, Otto Lilienthal, 田中 豊助, 原田 幾馬

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode