Page: 1/54   >>
九州・熊本震災への義捐金の報告 6月26日(日)

この度の九州・熊本震災に対し、日本模型航空連盟会長 安田 邦男氏の呼びかけにより、日本選手権時に募金活動を行うこととなりました。RCグライダー委員会では、5月13日〜15日のF3J日本選手権、5月22日玄岳スロープ大会、5月29日東京サーマルソアリング大会、6月5日2016 F3K上里カップ第1戦で選手・役員に募金をお願いし合計49,890円の義捐金が集まりました。ご協力ありがとうございました。

その義捐金を日本模型航空連盟事務局にお送りしましたところ礼状が届きましたので報告させていただきます。

地域の皆様の安全と一刻も早い通常生活への復旧をお祈り申し上げます。

 

JMAからの礼状

画像をクリックすると拡大します(pdfファイル)

 

| f3bfun | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2016 F3K上里カップ第1戦  6月5日(日)
天候:曇りのち晴れ 気温:29度 東の風1m〜4m

 埼玉南部の入間市の自宅を5時に出かけましたが、昨夜からの小雨が降っていました。途中ではさらに強い雨が降っているところもありましたが上里に近づくと雨も上がっており西の方は青空がのぞいており天気の心配は無さそうです。
 このF3K上里カップは少しの期間休みしていましたが昨年秋から再開し、昨年秋は24名の参加者でしたが今回は40名と増え主催者としては喜んでおります。前回は久々に当上里模型グライダー場で日本選手権が開催されるということでジャッジの慣熟の場として開催しました。そのかいもあり選手権ではミスは無く完全なジャッジができたと考えています。今回は選手同士でジャッジを行っていただきましたが、新しいタスクも増えたり、初出場の選手もいらっしゃり、ルールの理解やF3Kの楽しさを感じることができたと思っております。
 運営は日本模型連盟グライダー委員会のF3Kグループの山田さん、秋山さんにお願いし、上里模型グライダー場長の天田さんと私の4名で行いました。成績表は総合成績と各ラウンドごとの成績を掲載しますので、分析や反省にご利用ください。

成績表.pdf

競技前の集合写真
競技前の集合写真

入賞者:優勝の腰山選手、同点2位の金子選手、前回に引続き3位の佐藤友和選手
5000点満点優勝の越山選手、同点2位の金子選手、3位の佐藤友和選手
以上
| f3bfun | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
F5J全日本大会にジャッジで参加  6月4日(土)
天候:晴れ 気温:29度 東の風1m〜3m

 電動委員会からの要請で上里メンバー7名でジャッジを行いました。予選10分4ラウンド、決勝15分2ラウンドですが予選ラウンドはF5J3グループ、F5J20002グループの全20グループ、決勝各2グループ4グループで非常に疲れました。
 フライトの計測は開始ブザー後のモータランから手が離れた瞬間から接地までの間の時間と着陸点1m〜10mです。また指定点から75m以上離れた場合はそのラウンド0点となってしまいます。ジャッジをしていると途中の時間は空いているのですが飛行機は遠く高く飛んでいますので写真を撮るチャンスがありません。ということで入賞者の画像のみです。
 ジャッジをさせていただいて私が普段フライトしているF3B機に比べ超軽量F5J機のフライトは別世界のように感じました。ジャッジとしてついた何人かの選手のなかで中條選手の特にF5J2000機のフライトは操縦法が私のリズム感と同じようで見ていて楽しかった印象でした。

F5J入賞者(優勝栗田選手、2位伊藤選手、3位土谷選手)、F5J2000入賞者(優勝大友選手、2位中條選手、3位鈴木選手)
F5J入賞者(栗田選手(中央)、伊藤選手(左)、土谷選手)f5J2000入賞者(大友選手(中央)、中條選手(左)、鈴木選手)

F5J入賞者のメダルとF5J2000入賞者の盾
f5Jのメダルと2000の盾
| f3bfun | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古川喜平メモリアル 第39回全日本東京サーマルソアリング大会 5月29日(日)
天候:快晴のち曇り 気温:26℃ 東の風1〜5m

 上里模型グライダー場で件名の古川喜平メモリアル第39回全日本東京サーマルソアリング大会が開催されました。ホストクラブはステッペンボルフ、競技委員長は道山さんです。8:00からウインチの設置、8:30受付後、競技説明、9:30から競技がエルロンクラス、ラダークラス、2mクラスの順で開始されました。2ラウンドの合計点で同点の場合は素点の高い方が上位となり、クラスに関係なく合計点の高いもの8名によりフライオフが行われることになっています。
 天気は良いのですが、グループによっては大シンクに苦労する場面も少なからずみられました。12:15までに1ラウンドが終了し、昼食タイムを挟み13:15から2ラウンドが開始されましたが、風も強くなり風下に流すと軽量機では戻ってこられない場合もありました。バタバタしながらも15:30に2ラウンドが終了して、成績の集計が行われ、上位8名(エルロンクラス1位の吉田選手(2000点)、2位の新井選手(2000点)、3位の小川選手(2000点)、ラダークラス1位の大高選手(2000点)、2mクラス1位の桜井選手(2000点)、エルロンクラス4位の濱田選手(1999点)、5位の辻選手(1994点)、ラダークラス3位の小野寺選手(1988点))による15分MAXのフライオフが行われ、14分23秒、76僂梅静珍手が制しました。
 その後、表彰式、抽選会、九州熊本地震義援金の呼びかけ、記念撮影で17:00終了となりました。

成績表.pdf

ヽ始前の集合写真


▲繊璽猝沈イ離團奪


フライオフを制した濱田選手、
ぅ┘襯蹈鵐ラス入賞者(優勝の吉田選手(中央)、2位の新井選手(左)、3位の小川選手)
フライオフを制した濱田選手エルロンクラス入賞者(吉田選手(中央)、2位の新井選手(左)、3位の小川選手

ゥ薀澄璽ラス入賞者(優勝の大高選手(中央)、2位の吉田選手(左)、3位の小野寺選手)
Γ横蹈ラス入賞者(優勝の桜井選手(中央)、2位の岩淵選手(左)、3位の莅戸選手)
ラダークラス入賞者(優勝の大高選手(中央)、2位の吉田選手(左)、3位の小野寺選手2m

以上
| f3bfun | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5月29日(日) 東京サーマル大会組合せ表
FBでも発表されましたが、ホストの塩澤さんからpdfファイルをいただきましたので、掲載させていただきます。

古川喜平メモリアル
第39回全日本東京サーマル・ソアリング大会組合せ表.pdf
| f3bfun | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Profile

Recommend

鳥の飛翔
鳥の飛翔 (JUGEMレビュー »)
オットー リリエンタール, Otto Lilienthal, 田中 豊助, 原田 幾馬

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode