Page: 1/56   >>
古川喜平メモリアル第40回全日本東京サーマル大会  5月28日(日)

天候:晴れ 気温:30℃ 風:西1m〜東2m〜西5m

 

 涼しかった前日から一転熱い日となりました。

 最近の競技会では珍しく43名の申し込みがあり、体調不良等で欠席されたがありましたが40名の参加者で賑やかな大会となりました。わが上里模型グライダークラブも20名の参加者です。ウインチは本部側からステッペンボルフ3台、シーガル4台、上里10台、鳴瀬5台が並びました。

 8時30分から受付、今回のホストクラブのステッペンボルフの道山さんからの開会式、競技説明があり集合写真撮影後、9時30分頃からエルロンクラス6グループ、ラダークラス3グループ、2mクラス5グループの順で競技が開始されました。今回も2ラウンドの合計で、同点の場合は素点で順位が決まります。東京サーマル大会の特別ルールとして初出場の方が最初に発航しうまく曳航が済んだところから作業時間が開始されます。地上では陽炎も多くみられサーマルかなり多そうですがシンクもあり、それに捕まり苦労される選手も多々見られました。1ラウンドラダークラスが終了した時点で昼食タイムとなりました。

 午後は1ラウンド残りの2mクラス、引き続き2ラウンド目の競技に入りました。2ラウンド終了まで風向きがくるくると変わり背風での曳航も多かったですが特に問題なく16時30分にすべてのクラスが終了しました。集計後得点上位の8名が発表され、フライオフが行われました。フライオフは西風が強くなりF3B機に期待を変更したりバラストを積んだりして15分1本勝負が行われ、大塚選手が総合優勝と成りました。

 成績発表、表彰式後、協賛各社(Powers様、FUTABA様、G-Force様、Hitec様)提供の賞品の抽選会が行われ17時30分過ぎに全て完了しました。

きむらクラフト」のレポートもご覧ください。

 

    成績表.pdf

 

ゞサ餐阿僚弦膽命拭↓▲侫薀ぅフ進出者(中村眞一選手A2000、天田選手A2000、大塚選手A2000、蟻坂選手2m2000、小川選手A1999、大高選手A1997、宮川A1993、林選手A1990)

フライオフ進出者

エルロンクラス入賞者(1.中村眞一選手スープラ、2.天田選手マハ、3.大塚選手エクスプローラ3.5V)、

ぅ薀澄璽ラス入賞者(1.大高選手アンドロメダ、2.土原選手自作胴体ピメンタ改、3.大迫選手サギッタ900)

オープンクラス入賞者ラダークラス入賞者

ィ横軻賞者(1.蟻坂選手オメガ、桜井選手オメガ、3.土原選手自作胴体ピメンタ改)

α躪舁ゾ(大塚選手フリースタイラー4)

2mクラス入賞者総合優勝の大塚選手

 

| f3bfun | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017 F3K上里カップ第1戦  5月27日(土)

集計をしてくださった秋山様から結果&フライトスコアをいただきましたのでUPします。

きむらクラフト」のレポートもご覧ください。

 

画像をクリックしてください(20170527_f3kcup_1.pdf)

 

 

| f3bfun | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017春季玄岳スロープ大会 5月21日(日)

天候:晴れ 西の風1〜4m

 

 広く高気圧に覆われ上里では30℃以上が予想されていますが、本日は上里から市川さん、大塚さん、遠藤さん、加藤さん、中村さん、西宮さん、水澤さんと私の8名で涼しい玄岳の大会に参加しました。西宮さんは今回から導入されたラップカウンターの製作者で動作確認も兼ねて初参加です。風は2〜3mの西風が吹いています。
 自由飛行が許可されており、早速機体を組んでテストフライトされている方もいます。KRGCの薬院さんによりA,B面の設置が終わり、受付の後、競技委員長の市村さんから競技説明、開会式と済み、9:30からオープンクラス、ラダークラス、ミニクラス、スケールクラスの順で競技が開始されました。風は2〜3mでリフトが弱く、競技が進むにつれて益々弱くなっていきオープンクラスの残り数人というときには2mを切るくらいになり完走できない機体がでるようになり競技が一時中断され、競技委員長から早めの昼食をとり11:30に再開することとなりました。
 昼食タイムの後は若干ですが風速が上がり、1ラウンドのオープンクラスの残り、ラダークラス、ミニクラス、スケールクラスと順調に競技が進み、休憩なしで第2ラウンドがクラスの順は同じで発航順は逆で開始されました。市村競技委員長はオープンクラスの前半は条件が良くなかったので3ラウンドを行いたいと頑張られましたが第2ラウンド終了が4時近くになり、競技の終了が宣言されました。
 今回から導入されたラップカウンターですがF3F競技に合わせスタートの合図で動作させると30秒以内に発航、手投げから30秒以内にコースイン(それまでは30秒の読み上げ)でタイム計測開始、遅れた場合は30秒時点でタイム計測開始、1ラップごとにラップ数とラップタイムの表示、ラスト1往復時(全10ラップの時は8ラップ終了時、全8ラップの時は6ラップ終了時)に音でお知らせ、成績表示をしてくれ、役員はストップウォッチから解放されるという優れものです。

 

    成績表.pdf

 

ヽ始前の集合写真 ▲薀奪廛ウンター

開始前の集合写真ラップカウンター

3会式・競技説明中 ざサ三儖長と委員の奥様

競技説明中競技委員長と奥様

ゾ緡MGCのピット 西側スロープ駐機場

上里のピット西側斜面駐機場

Дープンクラス入賞者(優勝の鈴木選手(中央)、2位宮川(左)、3位大塚選手)
┘潺(2m)クラス入賞者(優勝の鈴木選手(中央)、2位宮川(左)、3位水澤選手)
オープンクラスミニ(2m)クラス

スケールクラス入賞者(優勝の石井選手(中央)、2位豊山選手(左)、3位市村選手)
ラダークラス入賞者(優勝の田野倉選手(中央)、2位山本選手は帰宅の為不在、3位宮川(右))

スケールクラスラダークラス

以 上

| f3bfun | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017 F3B上里カップ第1戦  3月12日(日)

天候:晴れ 気温:13℃ 東の風-1〜3m

 

 今年最初の上里模型グライダー場の競技会が36名の参加者により開催されました。北は宮城・鳴瀬チーム、南は和歌山・粉河チームの参加があり日本選手権並みのウインチレーンです。競技委員長は天田さん、役員は小田さん、木村さん、八木さんです。

 8時受付、8時30分から開会式、9時から競技が開始されました。西寄りの風が吹いていますが天気予報では東風になるとのことで東向きにウインチを設置しました。1m程度の風のため特に問題なく滞空競技が進行しました。1時間ちょっとで5グループが終了し、速度競技に入りました。速度は1Kg以上のバラストを搭載していますので、風が弱いとリランチが多発して競技の進行が遅くなりますがそこそこ順調に進みました。このタスクの1番は鈴木康啓選手で13.72秒で2位の青木選手に140点以上の差をつけて滞空で失った指定点ボーナス分を取り返しラウンドトップとなりました。12時過ぎ1ラウンドが終了、昼食となりました。

 第2ラウンドは速度からで6番目の出番の私の15.44秒が1番時計となりました。鳴瀬の庄司選手15.86、櫻井英世選手15.91、大塚選手15.99で4名が15秒台でした。続いて滞空が行われ大過なく順調に15時30分までに終了しました。

 その後、成績上位4名によりスピードノックアウトが行われ準決勝を櫻井尚人選手、鈴木選手が勝ち抜き、決勝は15秒台の接戦でしたが鈴木選手が本日のスピードキングとなりました。

 表彰式後、G-Force様、エアクラフト様からの協賛品の抽選会、F3B世界選手権日本チームの応援バザーの発表、先日お亡くなりになった高荷春彦氏への黙とうを行い16時過ぎに解散となりました。

 

役員をしてくださった木村さんのHP「きむらクラフト」のレポートもご覧ください。

また、参加された鳴瀬チームの「木川田さんのブログ」、粉河チームの「早さんのHP」、「藤本さんのブログ」もご覧ください。

 

成績表表をクリックするとpdfファイルが表示されます。

 

| f3bfun | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017 F3B上里カップ第1戦 組合せ表 2月20日(月)

平成29年3月12日(日)開催の上里カップの申し込みを昨日で締め切りました。2017 F3B上里カップ第1戦 組み合わせ表

無人航空機の飛行申請のため追加受付はできません。

今回は北は宮城・鳴瀬チームから南は和歌山・粉河チームまで38名が申し込まれほぼ日本選手権と同じ8チーム(レーン)5グループの大会となります。

早速GliderScoreにデータを入力して組合せ表を作成しましたので発表いたします。

2日間の大会として許可を得る予定ですので前日の土曜日から飛行は可能です。

皆様、身体や機体の体調管理を十分になさって、お気をつけてお出でください。

 

| f3bfun | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

鳥の飛翔
鳥の飛翔 (JUGEMレビュー »)
オットー リリエンタール, Otto Lilienthal, 田中 豊助, 原田 幾馬

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode